はじめまして、当サイト「投資ライフ超入門」に訪問していただき、ありがとうございます。

私は現在、株式投資、仮想通貨、投資信託、FX、海外株式、株の自動売買などを行っています。

 

私が初めて投資をしたのは「投資信託」です。

毎月分配型の投資信託を、「損したらどうしよう・・・」とビクビクしながら購入したのを今でも覚えています。

 

投資を始めるまでは、“投資”と聞くと、「怪しい」「ギャンブル」というイメージがありましたが、投資を始めてみると全く考えが変わりました。

投資を始めたことで、経済のこと、金融のことなどに興味を持ちはじめ、今まで読んだことがなかった日経新聞を読んだり、本を買って投資や経済の勉強をしたりするようになったことで、世の中の見え方が変わりました。

投資=「怪しい」「ギャンブル」と思っていた自分が恥ずかしくなりました・・・

「なぜもっと早く始めなかったのか・・・」と後悔。

 

なぜ、投資を始めようと思ったのかと言いますと、離婚して一人で子供2人を育てることになったからです。

離婚してしばらくは、子育てと家事だけで精一杯でした。

仕事ができる時間が大幅に減り、1人で「子育て」「家事」「仕事」をしていくことに限界を感じてきました。

 

家のローンと車のローンがあったので、仕事をする時間を増やさないと生活していくことができないし、だからと言って、家事や子育てを疎かにするわけにはいきません。

そして、「労働収入だけでは限界がある・・・」と、精神的にも肉体的にも追い込まれていました。

だから、労働で収入を得るのではなく、「投資で収入を得る」という考えに必然的になったんですね。

 

ということで、投資という世界に勇気をもって飛び込みました。

 

投資信託を始めたのをキッカケに、株式投資も始めました。

株は投資信託と違い、一日の中で値が動きます。だから、投資信託を購入した時以上に緊張しました。

たしか、300円ぐらいの株を1000株買ったので、約30万円です。

「買った後、すぐに下がってしまうんじゃないのか・・・」と心臓がバクバク。

 

その時は、2円上がったところで売却。

1000株買っていたので、2000円の利益です。(手数料を引くと1000円弱の利益)

正直嬉しかったですね!

 

しかし、

その後も、毎日数千円の利益を出すことができていたので、調子に乗ってしまい、値動きが激しい新興銘柄に手を出してしまうことに・・・

 

そして、私がその新興銘柄を購入した直後、株価は暴落。

 

でも、損切りはせずに、「下がったところで買い増しすれば平均取得単価を下げることができる」という、甘い考えで買い増し。

しかし、その後も下がり、さらに買い増し。

いわゆる「ナンピン」ですね。

 

で、結局30万円ぐらいの含み損になり、耐え切れずに損切り・・・

 

毎日数千円の利益をコツコツ積み上げていたのが、一瞬にしてマイナス30万円です。

「コツコツドカン」というやつですね(笑)

 

この経験で、「投資の世界は甘くない」ということを実感しました。

 

それから、株式投資の本を読んだり、経済や金融関係の本を読んだり、セミナーに参加したりと、知識と経験を増やしていきました。

チャートの見方や、移動平均線などのテクニカル指標の活用法、資金管理法などを勉強し、それらを1つずつ実践して、自分のルールを作っていきました。

 

その後、「トレードステーション」という株の自動売買ができるソフトがあることを知り、株の自動売買にチャレンジすることに。

もちろん、プログラミングはできないので、本を買って一からプログラミングの勉強しました。

 

自動売買にチャレンジしたことは私にとってプラスになりました。なぜなら、テクニカル指標の計算方法も理解できたので、「なぜそのテクニカル指標が有効なのか?」ということがわかったからです。

投資に限ったことではないですが、「理屈を理解する」ということは重要です。

例えば、「なぜ、このテクニカル指標がこうなると、株価が上がる可能性が高いのか?」という理屈が分かれば有利になります。

このあたりは、投資家心理も理解する必要がありますが。

 

こうやって少しずつ勉強と実践を繰り返し、今に至ります。

 

スポーツと同じで、投資も考えながら実践をしていくことで上手になります。

スポーツと同じで、失敗せずに上手になるわけがありません。

 

だから、投資にも失敗はつきものです。

 

ただし、致命的な損失を出すことは避けなくてはいけません。

例えば、フルレバレッジをかけてFXや仮想通貨トレードをすると、致命的な損失を出してしまう可能性があります。

現物投資であれば、投資金額以上のマイナスになることはありませんが、レバレッジをかけると投資金額以上の損失を出してしまう恐れがあります。

「レバレッジかけるな!」と言ってるわけではありません。資金管理がしっかりとできていて、レバレッジを掛けることのリスクを理解しているのなら、レバレッジを掛けることで大きな利益を出すことができます。

しかし、資金管理ができていなかったり、レバレッジを掛けることのリスクを理解できていなかったり、最悪の値動きをしたときの損失額を把握していなかったりすると、非常にリスクが高いです。

 

だから、資金管理とリスク管理をしっかりとすることが重要です。

 

ただし、余計な失敗をする必要はありません。

スポーツであれば、失敗しても特に損失はないですが、投資の場合、資金が減ります。

だから、余計な失敗はしないほうがいいです。

 

余計な失敗というのは、「避けることができる失敗は避けるべき」ということです。

そのためには、知識をつける必要があります。

例えば、何も勉強せずに、下降トレンドでナンピン買いしてどんどん損失を出していくことは、大きな損失を出す可能性が高いということが言えますよね。

調子に乗って勉強もせずに、新興銘柄をナンピン買いして30万円の損失を出した私のようになります(笑)

 

でも、今、仮想通貨をやっている人を見ていると、昔の私のようにリスクの高いことをしている人が多いように思います。

私はツイッターをよく見ているのですが、仮想通貨に投資をしている人が、「下がったから買い増し!」「○○コインが暴落中だから全力で買い増し!」とか言っている人が多いです。

おそらく、株式投資などの経験が少ない人なのでしょう。

しかも、投資経験が少ないのにフルレバレッジをかけている人も・・・

そういうのを見ていると「資金管理はちゃんとできているのだろうか?」と心配になります。

 

仮想通貨が暴落しても、その後、上昇すれば「結果オーライ」ですが・・・

でも、投資の世界で「結果オーライ」は非常に危険です。いつか致命的な損失を出す可能性が高いです。

 

だから、ちゃんと知識を身に付ける必要がありますし、その知識を基に経験を積んでいく必要があります。

「ちゃんと勉強すれば、余計な失敗(損失)を避けることができる。」というのが、私の考えです。

 

だから、この「投資ライフ超入門」というブログを始め、投資をする上で重要なことを発信しようと思いました。

今まで学んできた知識と、実践してきた経験を基に、わかりやすく解説していきたいと思います。

 

今後とも「投資ライフ超入門」をよろしくお願いします。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

下のボタン(人気ブログランキング)をクリックして頂けるとうれしいです!

仮想通貨ランキング


【登録しておくべき国内取引所】↓

今すぐ使わない場合でも、とりあえず登録しておくことをお勧めします。(登録が完了するまでに時間がかかるため)

QUOINEXの登録方法

GMOコインの登録方法を解説

 

【仮想通貨を保管できるハードウェアウェレット】↓