仮想通貨ランキング

 

この記事では、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)に、インダハッシュ(IDH)やノアコイン(NOAH)などのERCトークンを保管し、残高を表示させる方法を解説します。

 

イーサリアムベースのトークン(ERCトークン)は、MyEtherWalletで保管することができます。

ERCトークンは多数あります。

ALIS(アリス)、BNB(バイナンスコイン)、OMG(オミセゴー)、TRX(トロン)、NOAH(ノアコイン)、IDH(インダハッシュ)、SRN(SIRIN)、IXT(InsureX)、QTUM(クアンタム)、CHSB(スイスボーグ)、CPC(CPChain)、LRC(ループリング)、LDC(LeadCoin)など、他にも数百種類の仮想通貨があります。

 

通常、MyEtherWalletで保管できるERCトークンは、MyEtherWalletに送金すれば、MyEtherWalletの右下あたりの「Show All Tokens」をクリックして、「Click to Load」をクリックすれば残高が表示されます。

しかし、「Show All Tokens」をクリックした時に一覧に表示されていないトークンは、「カスタムトークンを追加」をクリックして追加しないといけません。

今回は、そのカスタムトークンを追加する方法を解説します。

カスタムトークンを追加する方法

まず、カスタムトークンを追加するには、追加するトークンの下記情報が必要になります。

  • トークン契約アドレス(Contrastアドレス)
  • トークンシンボル(Symbol)
  • ケタ数(Decimals)

この情報がわかればカスタムトークンを追加できます。

 

では、この情報はどこで入手できるのかと言いますと、

  • トークン発行元の会員ページ等で確認する
  • インターネットで検索する
  • トランザクション履歴を確認する

以上の方法で確認できます。

 

一番手っ取り早く確実なのは、「トランザクション履歴を確認する」です。

トークン発行元の会員ページ等で確認することもできますが、ICOに参加しなかった場合(上場後に取引所で購入した場合)は、確認することができませんし、

インターネットで検索したら誰かがブログ等で公開していることもありますが、誰も投稿していない通貨(トークン)もありますし、情報が合っているかがわかりません。

 

なので、トランザクション履歴「Tokens(Ethplorer.io)」を確認するのがいいかと思います。

トランザクション履歴「Tokens(Ethplorer.io)」は、MyEtherWalletで確認することができます。

トランザクション履歴でトークン情報を確認する方法

トランザクション履歴でトークン情報を確認するには、まずMyEtherWalletにアクセスしてロックを解除します。

MyEtherWalletにログインしたら、右側に「トランザクション履歴」というのがあり、その下の「Tokens(Ethplorer.io)」をクリックします。

トランザクション履歴を確認する方法

 

右上の検索窓に、トークン名(仮想通貨名)を入力して検索します。

 

今回はノアコインを検索してみたいと思います。

「NOAH」と入力すると、その下に候補が表示されますので、「NOAHCOIN」をクリックします。

 

すると、ノアコインの情報が表示されます。

「Contract」「Symbol」「Decimals」の情報をカスタムトークンの追加画面で入力すれば、カスタムトークンを追加できます。

 

MyEtherWalletでカスタムトークンを追加する

それでは、先ほど確認した情報を元にカスタムトークンを追加してみます。

 

マイイーサウォレットの右下あたりの「トークン残高」のところに「カスタムトークンを追加」がありますのでクリックします。

 

「トークン契約アドレス」のところに「Contract」のアドレスを入力、

「トークンシンボル」のところに「Symbol」を入力、

「ケタ数」のところに「「Decimals」の値を入力し、「保存する」をクリックします。

ノアコインのカスタムトークを追加する方法

コピーして貼り付けるといいです。

 

トークンが追加されたか確認する

残高を表示させるには、「Show All Tokens」をクリックします。

 

「NOAH」が表示されました。(まだノアコインを送金していないため残高は0です)

 

これで、カスタムトークンの追加は完了です。

あとは、トークン(仮想通貨)を送金して保管してください。

カスタムトークンを追加する前に送っても大丈夫なのか?

すでに送金済みの場合でも、カスタムトークンを追加することで残高を表示させることができます。(ICOで付与された場合でも同じです)

その場合、検索して確認しなくても「Token Balances」に表示されていますので、そこをクリックすればトークン情報を確認できます。

 

たとえば、インダハッシュ(IDH)のカスタムトークンを追加する場合は、「Tokens(Ethplorer.io)」をクリックし、

 

「Token Balances」のところに「indaHash Coin」があるので、それをクリックします。

indaHash(IDH)のカスタムトークンを追加

 

これで「Contract」「Symbol」「Decimals」が確認でます。

 

他のERCトークンも同じ方法で確認できます。

ICOで購入した仮想通貨(トークン)の残高を表示させる

ICOに参加して購入した場合、購入した通貨(トークン)が配布されているかは、同じようにマイイーサウォレットのトランザクション履歴「Tokens(Ethplorer.io)」→「Token Balances」で確認できます。

トークンが配布されただけでは残高が表示されないので、同じ方法でカスタムトークンを追加すれば残高を表示できます。

「ICOで購入したのに、いつまで経っても配布されていない・・・」と心配になっている人も多いですが、トランザクション履歴を確認すれば配布されているケースが多いので確認してみてください。

 

 

私自身、IDH(インダハッシュ)、CPC(CPChain)、CHSB(スイスボーグ)、LRC(loopring)、LDC(リードコイン)などをMyEtherWalletに保管した時には、今日お伝えした方法でカスタムトークンを追加しました。

※現在、LRC(loopring)、LDC(リードコイン)は、カスタムトークンを追加しなくても、一覧に表示されていると思います。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

下のボタン(人気ブログランキング)をクリックして頂けるとうれしいです!

仮想通貨ランキング


【登録しておくべき国内取引所】↓

今すぐ使わない場合でも、とりあえず登録しておくことをお勧めします。(登録が完了するまでに時間がかかるため)

QUOINEXの登録方法

GMOコインの登録方法を解説

 

【仮想通貨を保管できるハードウェアウェレット】↓